上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1_20080421202602.jpg


釣った魚を持ち帰って
さて写真でも撮ろうかなと思ったら・・・

お袋がすでにアナゴをぶつ切りに・・( ̄ー ̄?) アレ??

なんだよぉ~写真を撮ろうと思ったのに切っちゃったの?

なんだ写真撮るんだったのかぁ~
じゃ~ほらこれで良いじゃない

と、ぶつ切りにした部分を並べやがった・・・
アイナメは立たせてるし..

まぁ~いいかぁ~
と、言う事で釣果ですアイナメ一匹とアナゴ二匹♪

思い出ででしたぁ~♪
ウゥ━━━。・:*(*ノΘ`)*:・。━━━━!!!!
スポンサーサイト
12.30 (Sat) 20:26 [ 釣り日記 ] CM0. TOP▲
SICはスベリがちがいます
SiCは超硬質のため、その磨き技術はまさに宝石なみ。
キヤスティングの飛距離、落ち込みの速さ、そして巷き上げの軽さ…。
あのフライラインでさえ、音が消えるほどのスベリなのです。
しかもSiCは、灼熱・極寒の温度差にもビクともしません。
加えて、強い酸やアルカリ、濃塩分に対しても決して変質することはありません。
いつまでも最高のスベリをキープできるのです

(´ё`) そういうこと~~
SICは摩擦熱を逃がしラインを溶かしません
あなたは、ラインとの摩擦で手にヤケドをしたような覚えはありませんか?
これはラインが手と強くこすれた時、その接点に高い摩擦熱が発生するためです。
この摩擦熱こそがラインにとって大敵なのです。
大物とファイトしている最中にラインを大きく引き出された時など、
ガイドとラインが強くこすれるため、その接点には高い摩擦熱が発生します。
このとき、ハードリングなどの熱伝導率の低いリングを使っている場合、
発生した摩擦熱が逃げていかず、どんどん蓄積されてしまい、
最終的にはこの熱がラインを溶かしラインブレイクしてしまいます。
SiCの熱伝導率はハードリングのなんと5.7倍。
セラミックの常識を超えた最先端素材です。
ラインとの摩擦で生じた熱を素早く逃がすいわばラジエターの役割を行い、ラインの表面を溶かしません。
ラインにやさしいSiCガイドの出現こそ、
“より細いラインで、より大物を!”という、
今日のスポーツフィッシングを広める要因になったと言っても過言でありません。
だからガイドはSiC、糸持ちが違います。

(´ё`) そういうこと~~


   ガイド


PEの糸を使うのでガイドを取り替えました
買った竿のガイドだとオモリのサイズが大きいやつだと
ガイドがボロボロになって、その結果糸を傷つけてしまい
糸が切れてしまうトラブルになるのでSICガイドと取り替えました。

竿の一番先の丸いわっかになってる所です
あの輪に糸を通すして釣ります。
先端にやっぱり負担が掛かるので
丈夫なチタンを使ったガイドにしました。

本当は全部のガイドが最初からSICのガイドのやつを
買うつもりだったんだけど・・o(〃'▽'〃)oあははっ♪ 
間違えて買ったのさぁ~♪

ガイドはお店の人に頼んで取り替えて貰いました。
金属の部分をねライターであぶって
接着剤を焼いてガイドを引って抜くんだけど
これ、前に自分でやった事が有ってね
竿の先焦げちゃいましたぁ~ (;¬∀¬)ハハハ…
そんな経験から今回はお店の人にお願いした。

まだ一度も使って無いしね自分でやって焦げたら
取り替えて貰えないからね!
お店の人がやってる所を (   <((●))> _ <((●))>  )ジィーッ
って見てたんだけどやりずらかったろうなぁ~
わざと見てたんだけどね! ( ̄∀ ̄*)イヒッ

でも仕上がったのを良く見ると塗装が剥げてた
まぁ~焦げるよりはいいかぁ~ 
     サーフリーダー


前々回に釣りに行った時に重いオモリ使ってバンバン投げてたら
竿が壊れてしまったので竿買い換えましたぁ~♪

その名は「サーフ・リーダーEV・CX」です。。。
本当は違うやつを買ったつもりだったんだけど・・・
違ってたんだよねぇ~o(〃'▽'〃)oあははっ♪

どうりでお値段が安いと思ったんだよぉ~
だから買ったんだけど・・・
ワンランク下のだった・・・(f▼▼)ボリボリ

リールと糸だけじゃ釣れないし。。。
有るだけいいかぁ~

最近こんな事が多いいんだよねぇ~
前もハリスを買って家に帰って来てから
道具調べたら同じサイズの沢山ありましたぁ~( ̄□||||!!

まぁ~いいかぁ~ ホホホΨ(▼◇▼)Ψホホホ~~

(*`д´)ノチキショ!!!
   pe


   リールPE



これはリールに巻く糸です
PEラインと言ってね普通の釣りで使う糸は
ナイロンで透明でしょ?
だけどPEラインはなんだろう凧糸みたいなやつです
それにねナイロンラインとPEラインが同じ号数でも
ナイロンよりPEの方が2~3倍強いって言われてます。
(PEとはポリエチレンの略かな?きっとね)

後はナイロンラインよりもPEラインの方が
魚のアタリがハッキリと伝わるので
アタリに気が付きやすいし
海底の様子も糸を巻く時に感じられて
カレイの居付くポイントを探せるんだよ。

竿から手にコツコツって振動が伝わって来ます
ぜひ使ってみてくださいね♪

今回買ったのはもう一つのリールに巻く為に買いました。
今使ってるやつよりもワンランク上の3号です(糸の太さね)
飛距離で比べるとやっぱり太い方が飛ばなくなるみたいです
でも、これからの時期カレイは近場に寄って来るし
サイズも大きくなるので仕掛けも大物に合わせないとね♪
あくまでも釣れる事を想定しとかないとね
大きいのが釣れて仕掛けが細くて逃がしてしまったら
たまらんぜよぉ~ (*`д´)ノチキショ!!!  ってなるからね

ホホホΨ(▼◇▼)Ψホホホ~~
   エステル


黒ハリスです。
針を結ぶ糸の事です

糸にも色々と種類が有って
ナイロンとかフロロとかエステルとか色々有るみたい

で、今回試して見たくて買ったのが
エステルってやつです

この糸の特徴は、ヨレにくくチヂレにくい事です
普通のナイロンとかだと使ってるとチリチリになったり
するんだけど、エステルだとチヂレも引っ張るだけで元通りになるんだ

ナイロンだとアナゴとか釣った時なんかもう仕掛けがグチャグチャで
使い物にならなくなるからなんとかならないかなぁ~って思ってて
前回仕掛けを買った時にエステルを使ったやつで
釣っててとても便利だったから今度は自分でこのハリスを使って
自作の仕掛けを作りたいと思います

   カレイ黒毛


これを使った仕掛けでこの前紹介したカレイを釣ったんだぁ~
これをハリス(針を結ぶ糸)に通して使うんだ ^^
そうする事で、やっぱり餌が大きく見えるから
カレイが餌を見つけやすいって事かな?

この前のカレイの写真で、見た感じの眼でエー?(ё_ё) (ё。ё)ナニー?
餌かい?って興味を示すのかな?

釣れますように ☆彡 *.:*:.。.: (人 *)
   カレイバリ


仕事の帰りに釣り道具屋により
購入した針です。。。( ̄∀ ̄*)イヒッ

ボンバーカレイと超人カレイって名前なんだけど
意味が分からない・・・ニャハハ (*^▽^*)

今までは針のサイズが12号とか使ってたんだけど
今年は13号を使ってます

で、もう1サイズ大きいのも使いたいなと14号も買いました。
大きいと餌を沢山付けれるから
カレイにアピール出来るのではないかと・・・

アカイソメを最初に付けて
その後に青イソメを二匹付けて
餌を大きく見せてカレイを誘います (⌒▽⌒)アハハ!

今までは12号針に青イソメを一匹とか二匹付けてたんだけどね
釣れねぇ~から・・・
サイズアップして餌を大きく大きく見せる作戦です

でももう今年は行けそうに無いね(T▽T)アハハ!
後二回は行きたいが・・・

でもそんに焦らなくてもカレイはこれからだから
子持ちのカレイもこれからだろうから
焦っちゃだめだぞぉ~σ(▼▼)おれ

( ノ∀`)σぎゃあぁ~はははっ!

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。